住宅ローンは高額の為、長期にわたっての返済になるのが通常です。

返済期間中に万が一という時の為、住宅ローンに付随する生命保険があります。

団体信用生命保険(団信)です。

住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

金融機関から生命保険会社に申込み、掛金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。

安心して住みつづけるには団信はとても重要なものとなります。

もちろん生命保険ですから健康診断が必要です。

健康でいることは、より良い住宅ローンを借入れするためにも大切なことなのです。

図3